色彩心理

「橙・オレンジ」が人間に与える効果

投稿日:2018年12月17日 更新日:

今回は、「オレンジ」が人間に与える心理効果をご紹介します。

オレンジはエネルギーと解放間を与えてくれる色で、人をポジティブにしてくれる色です。赤と黄色のイメージの中間にあり、暖色で食欲を増進させてくれる効果もあります。

また、オレンジは太陽の色でもあり、「社交的」「楽しさ」「喜び」という印象を与えます。

広告の領域においてもそういった、ポジティブな印象を与えたいときに効果を発揮します。また、オレンジは年齢・性別関係なく、万人受けしやすい特徴もあるため、上手く活用したいところです。

オレンジが好きな人の傾向

社交的で陽気

オレンジを好む人には社交的で元気のいい人が多く、どんな人とでも笑顔で付き合いをすることができます。
また、子供っぽさをいつまでも持っている純真さがあります。

人懐っこい性格で、理解力も持ち合わせており他人を力づけることができます。
ゴージャスなイベントが好きでやや大げさな表現をしたりします。遊ぶことが好きで注目を集めることが多いでしょう。
しかしその一方では、注目されなくなると不機嫌になってしまうかもしれません。

仕事の面では、人の関わりが好きでムードメーカー的な存在でしょう。
建築家、デザイナー、スポーツ選手、タレントなどの職業に向いているといえます。
気まぐれさや、優柔不断な性格を持っていますが、愛想がよくおしゃべりでもあるため「憎めない存在」になるでしょう。

組織においては人を引っ張る才能があるため、イベントやプロジェクトの中心的存在になり、そのチームを活性化させることができます。

 

オレンジが人間に与える心理効果

「オレンジ」の効果

オレンジは元気で非常に明るい色です。安心感や暖かさを与えてくれるので、親しみがわきやすいといえます。
食料品店やスーパー、ファミリーレストランでは、よくイメージカラーとして使われるのはそのような特徴と、家族の暖かさを表現できるためです。
また、インテリアなどでも用いられ、リラックス効果も与える色です。

広告領域での「オレンジ」の効果

オレンジは、暖かさを与える色であるため、カジュアル・日常的という広告の表現をする際に非常に効果が期待できます。
しかし、多用しすぎるとくどい、しつこいという印象を与えてしまいます。そのため、使い方にはセンスを必要とされる色です。

オレンジのような暖色系は、食欲を増進させる効果が期待できるために、食品などの広告で使用されることが多いです。また「秋の紅葉」「ハロウィン」などと関連づけられるカラーであるため、秋のキャンペーンなどで季節感を出す際には最適な色です。

オレンジは、アクセントカラーとして用いることも非常に効果的です。全体のバランスを明るく統一させることができる色です。
全体的に使用する場合は、ブルーなどの寒色系と組み合わせで冷静さも取り入れ、メリハリのある広告をつくることがポイントです。

「オレンジ」を活用したWebバナー・Webサイト例

オレンジは万人受けし、人気のある色なので、Webクリエイティブでも積極的に使いたい色です。ここでは、オレンジの色を様々な分野で活用した作品をみていきましょう。

大阪ガス(ガスファンヒーター)

ガスファンヒーターを使ったときに感じる暖かさや、家族で一緒に使う際の幸福感を、オレンジがよく表現しています。
マスコットキャラクターもマフラーにオレンジを使用しており、全体的に統一感があります。
バナーのボタンテキスト「寒がり妖怪が歌って踊る動画」のユニークなキャッチコピーと、オレンジの陽気さが上手くマッチしています。

 

KAGOME(野菜ジュース つぶより野菜)

オレンジは健康的な色で、人を元気にするカラーです。そのため、毎日口にする食品や飲料品に積極的に採用されています。
このKAGOMEの野菜ジュースは、写真のインパクトとオレンジの補色であるグリーンを適度に使うことで、健康的で美味しそうなイメージを表現しています。

 

ドスパラ

オレンジは、秋のキャンペーンで非常に効果的に使うことができます。
このバナーでは秋の季節を感じさせる紅葉のイラストを適度に配置し、赤トンボが秋の夕暮れの中を飛んでいます。
秋の表現としてこれほどわかりやすい表現はなく、「オータム」という文字が非常に自然に目に飛び込んできます。

 

au

auのカラーといえば、オレンジというのは誰もが持っているイメージでしょう。しかしauのWebサイトではオレンジを全面に押し出すことはせずにアクセントカラーとして適度に使用しています。
そのため、オレンジが示す文字やデザインの訴求効果が非常に高くなっています。

https://www.au.com/

 

ジェットスター航空

LCCの航空会社は、各社非常に特徴のあるカラーを使用しています。なかでもジェットスターはオレンジをコーポレートカラーに用いており、空港でも非常に目を引くカラーとなっています。
Webサイトでは全面的にオレンジを配色し、ポジティブさと元気さが感じられるサイトに仕上がっています。

https://www.jetstar.com/jp/ja/home

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-色彩心理

Copyright© Web行動心理学研究所 - by infodex co. , 2019 All Rights Reserved.