色彩心理

商品の「高級感」を伝える配色とは?効果的な色の使い方を紹介

投稿日:2017年12月7日 更新日:

顧客が商品やサービスに求めるものはさまざま。安さを追求する人もいれば、その一方で高級感を求める人もいます。

贅沢品を買いたいと考えるのは、一部の富裕層だけではありません。「こだわりがあるジャンルに対しては、遠慮なくお金を費やす」というケースは珍しくないのです。そこで今回は、ウェブサイトで高級感を演出する方法について、色彩心理学の視点で解説していきます。

そもそも色彩心理学とは?

人は無意識のうちに、色を判断基準のひとつとして捉えています。高級感を与える色・気軽な印象の色・行動を促す色など、色彩が人に与える効果はさまざまです。色彩と心理効果の関係について研究する「色彩心理学」があるように、色はそれぞれ意味を持っています。

ウェブサイトの配色をブランドイメージに合わせて選ぶ企業は非常に多いです。インターネット上で商品販売や広告を行うのであれば、色彩が持つ効果を上手く活用していきましょう。

「リッチ」を想像させる色

商品に求めるものは、人によって違います。安さを重視する人がいれば、逆に品質を求める高級志向の人もいるでしょう。では、高級感を消費者に伝えたい場合、ウェブサイトにはどの色を使えばよいのでしょうか。

「高級感」といえば、やはりこの色

高級なイメージを与える色といえば、黒・銀・紫などがあります。一般的には、黒を思い浮かべる人が多いでしょう。これらの色は、それぞれ次の意味を持っています。

黒:高級、上品、格調高い、モダン、格好良い、暗い、悪、負け、恐怖

銀:上品、洗練、都会的、シンプル、人工的、無機質

紫:高級、上品、癒し、伝統、不安、嫉妬、不健康

高級さを表す色の中でも、黒は多くの有名ブランドサイトで利用されています。例えば高級ジュエリーであれば、有名な「ハリーウィンストン」「ショーメ」「カルティエ」「デビアス」などのウェブサイトで、黒をベースカラー(またはメインカラー)として使っています。黒のような無彩色は、他の色と組み合わせやすいため、利用しやすいのかもしれません。高級感をアピールしつつ、配色にもこだわるなら、ぜひ取り入れたい色です。

高級ブランドサイトの配色とは? ※2017年時点

それでは、実際に高級感のあるウェブサイトを見ていきましょう。

ハリーウィンストン

株式会社インフォデックス"

こちらは「ハリーウィンストン」の公式ホームページです。黒だけでなく、銀や赤も使われています。ジュエリーに限らず、高級ブランドのウェブサイトでは黒をベースにしたケースが多いです。

 

GUCCI

株式会社インフォデックス"

こちらは「グッチ」の日本版公式サイト。やはりベースカラーは黒でした。様々な画像が掲載されており、青・緑・オレンジなど複数の色が使われていますが、彩度と明度が統一されているため全体的な配色バランスが整っています。

ウェブサイトにおけるメインカラーの割合

リッチな印象にしたいからといって、黒や銀を多用するのはNG行為です。これらの色は悪い意味も持っているので、使い方次第では、消費者にマイナスイメージを与えてしまうでしょう。例えば黒一色で作られたウェブサイトなら、高級感よりも、「暗い・怖い」という印象を与える可能性があります。複数の色を取り入れ、割合を正しく保つことで、ファーストビューが一段と美しくなるでしょう。

 

アウディジャパン

株式会社インフォデックス"

一般的には、サイトの背景になる色(ベースカラー)は70%、テーマとなる色(メインカラー)は25%、アクセントとして使う色(アクセントカラー)は5%が基本だといわれています。サイトに限らず、インテリアコーディネートもこの割合に乗っ取っているケースが多いようです。

「アウディジャパン」のホームページを見ると、黒・白・灰色がバランス良く使われています。ほぼ無彩色で構成されているため、高級ブランドらしい上品な印象に仕上がっているといえるでしょう。

 

配色ひとつで印象がプラスに

ウェブ上で商品の高級感をアピールする場合、黒・銀・紫の活用をおすすめします。高級・上品などの意味を持つため「好きなものにはこだわりたい」「贅沢をしたい」と考えている人には、心理的な効果が期待できます。ただし、閲覧者にマイナスイメージを与えないよう、配色に気を付けたデザインを目指しましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

諸永 憲人(Web行動心理学研究所 編集部)

株式会社インフォデックス
Webクリエイティブ チーフディレクター/マーケター
2006年バイク王入社。プロモーション部門にてWebマーケティングを中心に、企画や制作ディレクションや数値分析などを担当。独自のアトリビューション分析法の確立などで活躍。
2015年株式会社インフォデックス入社。ナショナルクライアントとの直接取引や大手広告代理店案件など、事業内容にとらわれず様々なWebクリエイティブに従事。

-色彩心理

Copyright© Web行動心理学研究所 - by infodex co. , 2019 All Rights Reserved.